タイムレコーダーとその利便性について

労働者の勤怠管理で活躍するのが、タイムレコーダーです。タイムレコーダーでは、これまでタイムカードという専用のカードをレコーダーに入れて、出勤および退勤などの場合に打刻することで、出退社管理が可能となります。


タイムカードに打刻が印字された状態で、通常、月単位などで1枚を使い切ることになります。この打刻をもとにして、給与計算、総勤務時間などの計算に活用されることになります。すなわち、給与計算に関連しては、残業の有無や残業があった場合には何時間行われたか、遅刻や欠勤があった場合には減給処分などが行われることになります。専用のタイムカードを使ったタイムレコーダーのアナログ方式のメリットは、導入コストや運用コストが低くて済むこと、また、取扱が簡単な点にあります。現在でも、人事管理面で、特に人件費回りのコストを低くしたい場合や、パートやアルバイトなどの非正規雇用労働者が多い事業所などでは、勤怠管理の中心的な役割を果たしています。


アナログ式のタイムレコーダーの場合には、時計自体もアナログ型のものが使われています。今日では、このアナログ式のものが、デジタル表示されるレコーダーに取って代わっています。さらに、従業員が多い場合や事業所全体を通して集計をできるだけ簡便に行いたい場合には、パソコンによる管理ができるものがあります。これは、時給の設定や集計等も自動で処理してくれるタイムレコーダーで、ソフトをパソコンにインストールすることで利用できるようになっています。さらに、勤怠管理をアウトソーシングで行うことも可能になっており、一人当たりの勤怠管理料も格安になっているので、勤怠管理業務が複雑でかつ煩雑になりやすい事業所などでは、こういったアウトソーシングを利用すると勤怠管理業務を円滑にすすめていくことが可能です。アウトソーシングに依頼した場合には、ネットにつながる環境であれば、自己の勤怠状況を確認したり、あるいは、管理者が労働者全体の勤怠管理状況を確認することも簡単にできて便利です。ただし、コスト面で考えると、専用のタイムカードを使ったアナログ式のタイムレコーダーがもっとも安くできます。こうして、さまざまなタイムレコーダーが出ている中、利便性だけを求めると倦怠管理コストが若干高めになります。

AUTHOR

  • profileAdd some information about yourself here.

FLICKR FEED

  • Add your flickr code here, or use the widget
2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31